ちょっとの違いが大きな違い

前回の記事で全身から細部へと意識することをお伝えしました。
タイトルの意味には前回の内容も「先端の意識」の記事の内容も入るのですが、今回は「別のちょっとの違い」についてお伝えします。

ファッションを気にしているといつも同じような服を選びがちになります。
そう思うことができる感覚を持つことができればいいのですが、これはなかなか難しいです。

そこで、時間に余裕があるときはちょっとの違いを生み出すことを意識してみてください。

いつも通り服を選び、身につけた後で少し変化を加えることを考えましょう。
例えば、決めた服の中でアウターを変えたり、靴を変えたり、アクセサリーを変えたりと時間をかけずに変化させられる部分はないかをチェックしましょう。

さらにできる方は髪型のチェックや小物と服のバランスもチェックしましょう。

これらもできたら前後左右の状態チェックを行い、四方から見て完璧な状態を目指しましょう。
服をちょっと伸ばしてみたり、ゆとりを持たせてみたり、アウターの前を留めてみたり、髪型の微調整をしてみたりとバッチリな状態を作り上げましょう。

ちょっとの違いにこだわりだすとなかなか決められない状態が生まれます。
しかし、これが本当におしゃれになっている証拠なのです。

間違っていないファッション、わかりやすく言うといつもの自分という状態はすでに作れているのです。
そこからワンランク上のおしゃれを実現するためには、ちょっとの違いを生み出す努力をすることが不可欠なのです。

そんな中でおしゃれを楽しみつつ、ちょっとの違いを意識していきましょう。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。