おしゃれがオシャレを作り出す!上手に感性を上げていこう!

おしゃれになりたいと、ショップにいったりネットを検索したり、雑誌をみたり。
この努力は感覚としてあなたの中に蓄積されていきます。

つまり、おしゃれを目指す気持ちと行動があなたのオシャレを作り出していくのです。

そのためにはたくさんの服に触れることが必要です。
ショップ店員やモデルの方を見るといつも本当におしゃれなファッションをしていますよね。

やはり服を選んだり、おしゃれに触れたりする時間が多いため、多くの人に魅力を感じさせるファッションをすることができるのでしょう。

これは、そういった方以外でもできることではないでしょうか。
いつもおしゃれに気を遣うことで、感覚が研ぎ澄まされ目には見えないファッションセンスが磨かれていくのです。

触れれば触れた分だけ成長していくものですが、視覚だけでも十分なのがファッションのいいところです。

購入する資金がなくても、頭の中でイメージを膨らませていきましょう。
そしてできれば、「こんなアイテムがあるといいな」と想像しましょう。

そして日々の中で見つけたときには迷わず購入しましょう。
ネットショップであれば費用がかかることもほとんどないため(これは商品によりますが…)、比較的安価に入手することができます。

そしておしゃれとは、服を大切にすること。
着て終わりではなく、きちんと整理整頓することもおしゃれの1つです。

これを日々強く意識することでおしゃれの意識があなたのおしゃれをより高いレベルへと引き上げてくれるのです。

おしゃれは服だけではない!部屋のおしゃれも気を遣おう!

トップスを選んだり、アウターを選んだり、小物を選んだりとファッションアイテムを選ぶのは色々な発見があって本当に楽しいし面白いです。

しかし、ファッションに触れるだけでおしゃれになれるものでもありません。
大切なのはやはり環境です。

どれだけ魅力的な服を集めて、それを着ていたとしてもやはり人間ですからちょっとしたことで自分自身の悪い部分が出てしまうもの。

そこで環境もおしゃれにすることであなた自身がおしゃれへの価値観が高い状態を常に作り出しましょう。

おしゃれな部屋で過ごすだけで、ファッションのおしゃれ度も上がっていきます。
これは高価なインテリアを揃えろと言っているわけではありません。

あなたの選ぶ服と同じように、あなたの過ごす空間もおしゃれにしていってほしいのです。

ファッション以外の部分のおしゃれにも気を遣うことができれば、ファッションのおしゃれを意識しなくてもおしゃれな服は身につけられると思います。

ファッションもインテリアもやはりセンスが必要になりますから、あなたのセンスであなたの身にまとうものも、あなたが過ごす空間もあなた好みに変身させていきましょう。

きっと、あなたが所有している服も、あなた好みの空間であなたに着てもらうのを待っている時間が楽しみになりますよ。

日々に変化を求めよう

ここまで服に着られない自分を作るための方法をお伝えしてきました。
今回の記事で最後になります。

これまでの内容を実施することで、おしゃれの力がかなりついてきていると思います。

最後の仕上げとして、日々に変化を求め続けることについてお伝えします。

朝夕で人間の体重に変化があるように、私たちは日々、変化をしながら行きています。
それは服も同じです。

服も生きていますから、1日1日で状態が変わっていくのです。

そこで、同じように着るのではなく服の着方に変化を持たせていきましょう。
服以外も変化をさせていくことは必要ですが、服の着方の変化はおしゃれな方にとってはとても楽しいものです。

1週間等の短いスパンで「同じファッションをしない」ことから始め、「1ヶ月同じファッションをしない」ことを目指しましょう。

そのためにネットショップ等で最低限の服購入は必要になりますが、最終目標は「3ヶ月同じファッションをしない」です。

これは気候の変化等があるため、3ヶ月同じファッションをしなければ実質1年間同じファッションをしないことになるのです。
つまり、毎回違うファッションをしている状態を生み出すことができるのです。

これこそまさに本当のおしゃれですよね。
なかなか難しいですけど…

ポイントは別の記事でもお伝えしたトップスの種類です。
トップスの種類が豊富であれば、それだけで変化を生み出すことができます。

できることなら部屋着も含めて変化をさせ続けていきましょう。

変化を求めることは、成長を求めるということ。
自分自身を磨き、本当の意味で服を着ている状態を作るためにもぜひ、実践してみてください。

ちょっとの違いが大きな違い

前回の記事で全身から細部へと意識することをお伝えしました。
タイトルの意味には前回の内容も「先端の意識」の記事の内容も入るのですが、今回は「別のちょっとの違い」についてお伝えします。

ファッションを気にしているといつも同じような服を選びがちになります。
そう思うことができる感覚を持つことができればいいのですが、これはなかなか難しいです。

そこで、時間に余裕があるときはちょっとの違いを生み出すことを意識してみてください。

いつも通り服を選び、身につけた後で少し変化を加えることを考えましょう。
例えば、決めた服の中でアウターを変えたり、靴を変えたり、アクセサリーを変えたりと時間をかけずに変化させられる部分はないかをチェックしましょう。

さらにできる方は髪型のチェックや小物と服のバランスもチェックしましょう。

これらもできたら前後左右の状態チェックを行い、四方から見て完璧な状態を目指しましょう。
服をちょっと伸ばしてみたり、ゆとりを持たせてみたり、アウターの前を留めてみたり、髪型の微調整をしてみたりとバッチリな状態を作り上げましょう。

ちょっとの違いにこだわりだすとなかなか決められない状態が生まれます。
しかし、これが本当におしゃれになっている証拠なのです。

間違っていないファッション、わかりやすく言うといつもの自分という状態はすでに作れているのです。
そこからワンランク上のおしゃれを実現するためには、ちょっとの違いを生み出す努力をすることが不可欠なのです。

そんな中でおしゃれを楽しみつつ、ちょっとの違いを意識していきましょう。

全身から細部へおしゃれ感覚を上げていこう

細かい部分を気にすることはおしゃれにとってはとても大切なことです。
ここまで服以外の部分についてお伝えしてきたので、今回は服についてお話していきます。

服を選ぶとき、多くの方は「全身」を意識しています。
服のデザイン等のバランスを考えて服を選び、それを着て外に出かける方が多いです。

そこで一旦止まって、細部までこだわるようにしていきましょう。
シャツ系であればちょっとした服のシワ、バックルを見せるか見せないか、襟の立ち具体のバランス、アウターの着方など、細かい部分のチェックをしましょう。

通常、このような細部にこだわりを持とうとするとなかなか時間が足りなかったり、「決められない」となってしまう方が多いのですが、大切なのは自分に合っているかどうかです。

自分にぴったりの服をチョイスできるようになっているのであれば、それにワンアクセントを加えるだけでより魅力的な自分を演出できますし、服の持つ力を最大限引き出すことができます。

つまり、多くの方は最後の詰めが甘いんですね。これは私もそうなんですが…(笑)
最後の最後で、細部にこだわりを持つこと。
これをルーティーンにできれば、多くの方からおしゃれと認められることでしょう。

これは学校、仕事にも活かすことができるので、ぜひ参考にして実践してみてください。
学校の制服も、仕事に行くときに着るものも「服」なので、毎日ちょっと気にすることで私服をよりおしゃれに着こなせるよう意識していきましょう。